本文へ移動

井上尚弥 カシメロの”度が過ぎる挑発”に激怒「ベルトを持ってなければ無視するんですけど…一回やりたい」

2020年11月8日 10時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上尚弥

井上尚弥

 ボクシングWBA・IBF統一バンタム級王者で、10月31日(日本時間1日)に米ラスベガスで行われた防衛戦で鮮烈な7回KO勝ちを収めた井上尚弥(27)=大橋=が8日、フジテレビ系の情報番組「ワイドナショー」にリモート出演。WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と対戦を熱望するとともに、再三の挑発に怒りをにじませた。
 井上尚は「WBOはカシメロ、WBCはウバーリとドネアが対戦するのでその勝者」とバンタム級完全制圧へ明確なターゲットを口にし、こう続けた。「ただカシメロの挑発が度が過ぎているので、亀だとか逃げてるとか。挑発にスポーツマンシップがないので、一回ちょっとやりたいな」と宣言。表情こそ穏やかだったが、たまりに溜まったうっぷんを拳で晴らすべく名指しで指名した。これには同番組に出演していたダウンタウンの松本人志も「珍しく怒ってるな。煮えたぎっているなあ」とコメント。井上尚は「度が過ぎているんですよ」と再び繰り返し「ツイッターに写真張り付けて書き込んできたりとか、いろいろしてくるんで」と怒りをにじませた。
 これに松本が「無視してほしいんですけどね」と話したが、井上尚は「カシメロがベルトを持ってなければ無視するんですけど。4団体統一するのは必要なベルトを持っているので」と断言。最後に「ベルト持ってなかったら興味ないですよ」と話し、スタジオの笑いを誘った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ