しぶこ らしさ発揮の後半チャージで今季国内初の60台「1ミリ進めたと思えればいいかな」28位で最終日へ

2020年11月7日 19時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2日、18番でバンカーショットを放つ渋野日向子

第2日、18番でバンカーショットを放つ渋野日向子

  • 第2日、18番でバンカーショットを放つ渋野日向子
◇7日 TOTOジャパンクラシック第2日(茨城県小美玉市、太平洋クラブ美野里C)
 しぶこ、バック9の逆襲復活で自身今季国内初60台。「1ミリ前進」。前日38位発進の渋野日向子(21)=サントリー=は後半3つスコアを伸ばし4バーディー、1ボギーの69。通算4アンダーとして前日の38位から28位に順位を上げた。最終日、さらなるチャージが期待だ。首位は13アンダーまで伸ばした申ジエ(韓国)。1打差の12アンダー2位に木村彩子(25)=富山常備薬グループ=が続いている。
  ◇  ◇  ◇
 スコアを見れば悪くはない。それでも渋野はゴルフの内容を「メチャクチャ悔しい」と振り返った。
 今季国内戦初アンダーパー(71)で回った前日と、69で上がったこの日は似ているようでひと味違う。「昨日が0点なら今日は3点。アイアンショットの距離感は最近ではすごく良かったたけど、パッティングは1メートルは緩まず打てたものの、外した時の外し方が私のすごく嫌いなミスだった」と自分に厳しく、「でも、これで前に進んでないと言ったらかなり欲深いし、自分に厳しすぎると思うから、1ミリ進めたと思えればいいかな、と」とした。
 この日の前半は1バーディー、1ボギー。パーオン率は高かったが、チャンスをうまくものにできないゴルフだった。が、後半の3番パー3で奥から3メートルのバーディーパットを沈めると、前日ダブルボギーの4番で2メートルにつけ“リベンジバーディー。さらに前日ボギーの8番でも7メートルをねじ込んだ。
 「4番では(昨日と比べて)3打も縮めましたよ。8番だって2打(笑)。そこはすごくうれしい」。昨年後半戦でバック9の女と異名をとった、ラウンド後半のチャージがよみがえってきた。
 とはいえ、キラキラのしぶこスマイルはまだ不発。「バーディー取っても、なんか笑える状況じゃない、のかなぁ。入ったらOKなんですけど“なんかな~という感じで。自分の納得いくストロークが分かってない、考えながら打ってるせいか…」と悩みは深い。
 次戦の最終日、15日は22歳となる誕生日。21歳最後の最終日を「しっかり締めくくらないと」。2ミリでも、1センチでも、1メートルでも、渋野らしい思いっきりの前進を期待しよう。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ