本文へ移動

おはぎ作りに情熱 福井・ろじあるしょう天ん代表の吉川さん

2020年11月7日 05時00分 (11月7日 12時39分更新)
吉川さんが一つ一つ手作りするおはぎ=福井市灯明寺町で

吉川さんが一つ一つ手作りするおはぎ=福井市灯明寺町で

  • 吉川さんが一つ一つ手作りするおはぎ=福井市灯明寺町で
  • 布おむつに使われる生地を活用したマスク=福井市灯明寺町で
 見て楽しい、食べておいしいおはぎを作る女性が福井市にいる。同市灯明寺町にある店「ろじあるしょう天(て)ん」の代表、吉川雅美さん(45)だ。「魔法にかかるように、食べて幸せになってもらいたい」と、一つ一つ丹精込めて作っている。新型コロナウイルスの感染が拡大した今春には、「みんなが困っていることの助けになりたい」と、手作りマスクの販売にも乗り出した。 (鈴木啓太)
 定番のあんこやきな粉に、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧