本文へ移動

本田姉妹、夢の同時全日本出場かなわず…SP真凜8位も望結26位でフリー進めず

2020年11月6日 18時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇6日 フィギュア東日本選手権(甲府・小瀬スポーツ公園アイスアリーナ)

女子SPで演技をする本田真凜(代表撮影)

 フィギュアスケートの東日本選手権は6日、甲府市の小瀬スポーツ公園アイスアリーナで開幕。2016年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(19)=JAL=は8位。妹の望結(16)=プリンスホテル=は26位で、上位24人による7日のフリーに進めなかった。

女子SPで演技をする本田望結(代表撮影)

 そろって全日本選手権に出場する本田姉妹の夢はかなわなかった。妹の望結は「練習の内容からすると、自分のできることを詰め込んだ内容。点数を見て言うのは恥ずかしいけど、悔いはない。来年はお姉ちゃんと全日本に出られるよう頑張りたい」とさっぱりとしていた。
 真凜は右肩脱臼のけがも癒え「元通りの練習ができるようになった。前よりもジャンプも、他の部分もよく動けていた」。シードの樋口、川畑を除く上位9人の全日本出場枠を目指して真凜はフリーを滑る。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ