本文へ移動

サラブレッドのお世話体験はいかが? 牧場就職を夢見る人たちへ

2019年8月6日 18時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年はセレクトセールを筆頭に、国内主要セールで新記録樹立というフレーズを何度か目にした。庶民感覚では経済が好調とは思えないが、高額所得者の方々は景気がいいのだろう。
昨年、道内の牧場で取材した時に、馬産地では売るための馬が足りないという声を聞いた。バブル時代到来のような感じとまで話していたが、頭を悩ます問題もあると打ち明けてくれたのが人材不足だった。
牧場関係者は「生き物相手のこの仕事は朝早くから夜遅くまで働くことが多々あり、だからといって給料が多いとは言えない。好きでなければ務まらない」。それでも牧場就職を夢見る方には牧場就業推進事務局が9月23日に東京競馬場で主催する「サラブレッドのお世話体験会」に参加してみてはどうか。
申込制(応募締め切りは8月25日)で人数枠があり、有料制となっているが、実際の厩舎作業、馬の手入れなどを体験させてくれ、相談員が牧場就業に関する案内などもしてくれるというのだ。
牧場就業推進事務局は、日本中央競馬会などの5団体で構成。設立は2008年で設立目的は「競走馬の生産育成と紹介して、牧場への就業促進を目指す」。牧場就職を考えている人には、心強い味方になるに違いない。(米内宏一郎)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ