本文へ移動

J1名古屋シミッチ”3番目の男”でも「1秒も無駄にせず練習する」ACLへ天皇杯へ準備は怠らない

2020年11月6日 11時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
練習で稲垣(右)をかわしてボールをキープするシミッチ

練習で稲垣(右)をかわしてボールをキープするシミッチ

 名古屋グランパスは5日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで広島戦に向けた練習(一般非公開)を再開。MFシミッチ(27)は3日の鳥栖戦(駅スタ)で15試合ぶりにフル出場した手応えを生かし、残り7戦でチームのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に貢献する決意を示した。
 出番に向けて心身を整える。つかの間のオフを挟んだ再出発に、シミッチは「集中力を高めて、いいスタートができた」と納得顔。鳥栖戦では前線へのパスなどゲームメークで貢献し「本当にいい形で始まり、いい形で終わることができた」。上々の手応えを得て、表情は明るい。
 ここまで出場20試合、プレー時間846分の数字が示すように、守備的MFとしての序列は稲垣、米本に次ぐ3番手。この日は鳥栖戦メンバー外だった米本が全メニューをこなすなど、シミッチにとって次戦出場は微妙な状況だ。それでも「普段通り1秒も無駄にせず練習する」。米本、稲垣とも警告3枚ずつで出場停止のリスクもある分、ここぞの場面での貢献が期待される。
 チームは残り7戦で天皇杯出場圏の2位、ACL出場圏の3位を狙う。シミッチは「しっかりと7試合を勝つ。最初から最後まで自分たちのリズムをやり続け、ホームの強さを見せていけば勝ち点を積み重ねられる」。準備万端の男が、チームの勝ち点上積みに力を尽くす。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ