本文へ移動

「みんなでベンチでガッツポーズ…この瞬間なんだな」与田監督しみじみ8年ぶりAクラス

2020年11月6日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNAに3連勝し8年ぶりのAクラスを決めて喜ぶ与田監督(右から3人目)

DeNAに3連勝し8年ぶりのAクラスを決めて喜ぶ与田監督(右から3人目)

◇5日 中日2―0DeNA(ナゴヤドーム)
 エースで決めた。中日は大野雄大投手(32)が投手2冠に近づく7イニング無失点の好投で11勝目。7年間も続いた“負の球団史”にピリオドを打ち、2012年(2位)以来となるAクラス入りを確定させた。
 あと1人。9回を任された祖父江が最後の打者を空振り三振に仕留め、雄たけびを上げた。ナゴヤドームは竜党の熱狂に包まれ、グラウンドでは選手たちの笑顔の輪が広がった。「みんなでベンチで歓声が上がって、ガッツポーズが出て…。ああ、この瞬間なんだなという感じだった」。再建を託されて2年目の与田監督は、しみじみと喜びをかみしめた。
 Aクラス入りの立役者となったのは、もちろん大野雄だ。シーズン6完封を含む11勝を挙げ、最多奪三振と最優秀防御率の投手2冠に大きく近づき、沢村賞の有力候補にも挙がる。ただ、個人タイトルよりもチームの勝利を最優先に戦ってきた左腕だ。「本当にこのAクラスまで長かった」。“暗黒時代”のど真ん中を歩いてきた男は実感を込めた。
 止まっていた時計を動かした。しかし、これもチーム再建への第一歩にすぎない。指揮官は「Aクラスが選手にとって大きな自信になってほしい。力に変えてほしいし、それをもっと強い力にしないといけない」と力を込めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ