本文へ移動

「Aクラスを目指して必死にやってきた7年間」6日ナゴヤ最終戦「勝って終わる」【中日・大野雄・一問一答】

2020年11月5日 22時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNAに勝利し、祖父江(左)からウイニングボールを受け取る大野雄

DeNAに勝利し、祖父江(左)からウイニングボールを受け取る大野雄

◇5日 中日2―0DeNA(ナゴヤドーム)
 中日が完封リレーでDeNAを破り、2012年以来となるAクラスを確定させた。試合後、大歓声に包まれてお立ち台に上がった大野雄大投手(32)の喜びの声は次の通り。
―8年ぶりのAクラス
「僕が入団してからほぼBクラスで、本当にこのAクラスをつかむまで長かった。ファンのみなさんには悔しい思いばかりさせていたので、何とか弱いドラゴンズを今年で終わらせて来年からは優勝を目指せるチームづくりをせなアカンと思ってやってきた。今年はCSもないですけど、ほんまに長かった7年Bクラスを終わらせないといけないと思っていた。こんな年にAクラスに入って喜んでいる場合じゃない、と怒られるかもしれないですけど、選手とファンのみなさんはそうじゃなくて、ここを目指して必死にやってきた7年間だった。メチャクチャ、うれしいです!」
―この日の投球は
「5回に足がつってしまって、中継ぎの投手には、最後まで行くと言ってマウンドに上がったが、7回で降りてしまった。何とかゼロでリードしている状況でつなげられました」
―タイトル争い、沢村賞も見える
「投げているときは全然意識してなくて、とにかく勝ちたいと思って投げていた。いつもなら無理して最後まで(完投)、というのあったが、勝利が大事なので、ここで代えてくださいと言った。タイトルは分からないので、とにかくゼロでつなげて、きょう勝てて良かったです」
―登場曲が普段と違った
「あの曲は、明日(6日)引退試合で登板される吉見さんが昔、打席の時かな、使われていた曲。勝ってつなげたいのと感謝の気持ちを込めて使わせていただいた」
―背中を追ってきた先輩にいい投球を見せた
「僕のことを育てていただいたのは吉見さん。何とか勝ちでつなげて、1つ恩返しできたかなと思います。みなさん、明日は吉見さんを応援してあげてください」
―6日はナゴヤドーム今季最終戦
「明日でホームの試合は終わりますが、一年間応援ありがとうございました。いい形で勝って締めくくって、残り2試合、2~3試合、2試合…、勝って終われるのがベストだと思う。最後まで応援お願いします」
【オススメ記事】「みんなでベンチでガッツポーズ…この瞬間なんだな」
「チームのため、大野雄大のため、吉見さんのため」
【動画】待ってた!中日8年ぶりAクラス決定!【11・5中日ーDeNAハイライト】

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ