名古屋市、9日からコロナ24時間電話相談センター

2020年11月6日 05時00分 (11月6日 10時29分更新) 会員限定
 新型コロナウイルスの感染対策として、名古屋市は発熱などの症状があり感染が疑われる人の電話相談を毎日二十四時間受け付ける「受診・相談センター」を新設し、九日に受け付けを開始する方針を決めた。冬季の感染拡大に備え、かかりつけ医を持たずに感染に不安を持つ市民が相談できる窓口を一本化する。
 市では八月以降、発熱などの症状が出た人について、かかりつけ医が電話相談を受け付け、必要な場合は市内の民間診療所でPCR検査の検体採取を受けられる態勢を整備。かかりつけ医を持たず、相談先が分からない人に対しては、市内十六区の各保健センター(保健所)や休日夜間の時間外窓口に電話するよう促してきた。
 冬季は相談件数の増加が見込まれるため、専用の相談センターの設置を決定。受け付けは九日午前九時からで、委託業者の看護師らが相談に応じる。電話番号は052(249)3703。コロナ陽性者らの健康相談は、これまで通り各保健センターが対応する。
 (池内琢)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

愛知の新着

記事一覧