本文へ移動

ライアン・ギグスが“浮気相手”2人に送った性的メッセージがケンカの原因か あきれたウェールズ代表監督 交際女性への暴行容疑で逮捕

2020年11月5日 14時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ライアン・ギグス(AP)

ライアン・ギグス(AP)

 交際相手の女性への暴行容疑で逮捕された、サッカーウェールズ代表のライアン・ギグス監督(46)は、別に付き合っている2人の彼女へ送信した「エロいメッセージ」が原因で、暴行に及んだ可能性があることが4日、分かった。英国大衆紙サンが特報で報じた。
 1日夜、マンチェスター郊外にあるギグス監督の豪邸で、交際相手のケイト・グレビルさん(36)は、スマホと同期されたタブレット端末に「エロいメッセージ」を発見。これはギグス監督が、別に付き合っている2人の彼女へ送ったものだった。長年、ギグス監督が浮気をしているのではないか、という疑念を持っていたグレビルさんは激高。これを受け、ギグス監督が暴力をふるったと見られている。
 その結果、グレビルさんは警察に通報。グレビルさんのケガは軽傷で治療の必要はない程度だったが、ギグス監督は駆けつけた警官に逮捕され、翌2日に釈放された。
 これにより3日に予定していたウェールズ代表メンバーの発表は延期。ギグス監督は今月の米国との親善試合と、アイルランド、フィンランドとのネーションズリーグの2戦は、指揮しないことが発表された。
 ギグス監督は2014年までマンチェスター・ユナイテッドで24季にわたってプレーし、黄金時代を築いた。ウェールズ代表としても名声を得た、伝説的選手と知られる。しかし私生活では、現役時代終盤、モデルとの不倫が発覚。さらに実弟の妻と8年間にわたって不倫関係にあったこともばれ、当時の夫人と離婚した。
 その直後、当時結婚していたグレビルさんと付き合い始め、その後グレビルさんは離婚。2人は公然の仲となり、休暇をともに過ごす姿などが、メディアで報じられていた。
 ギグス監督は今回のグレビルさんへの暴行容疑について完全に否定している。しかし、再びだらしない女性関係が発覚し、ファンや関係者らはあきれている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ