本文へ移動

中井侍特製茶が完成 諏訪の裏千家教授監修

2020年11月5日 05時00分 (11月5日 11時59分更新)
天龍村地域おこし協力隊の前田さん(左)と二村さん=下諏訪町の本陣岩波家で

天龍村地域おこし協力隊の前田さん(左)と二村さん=下諏訪町の本陣岩波家で

 天龍村産の「中井侍(なかいさむらい)銘茶」を石臼で加工した緑茶「アメノナガレ」が二十一日から販売される。同村地域おこし協力隊で茶の生産に取り組む前田美沙さん(30)が諏訪市の裏千家教授の二村宗邦(そうほう)さん(72)の監修で、完成させた。四日、下諏訪町の「本陣岩波家」で記者会見し発表した。 (板倉陽佑)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧