本文へ移動

J1名古屋・前田スーパーボレー再現ならず 「ちょっとよぎったというのが正直なところ」

2020年11月4日 11時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鳥栖―名古屋 前半、シュートを放つ名古屋・前田(左)

鳥栖―名古屋 前半、シュートを放つ名古屋・前田(左)

◇3日 J1第26節 鳥栖0-0名古屋(駅スタ)
 名古屋グランパスFW前田は前半44分にボレーシュートを決めきれず、7月18日の前回対戦に続く“鳥栖撃破弾”とはならなかった。FWマテウスからのフワリと浮いたボールに体勢を崩しながら左足を振り抜いたが、相手GKに阻まれた。前回対戦で決勝点となり、7月度ベストゴールにも選出された一撃の再現には至らず「ちょっとよぎったというのが正直なところ」と力んだことを悔しがった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ