登山届は「命綱」 確認も可能、県警が提出呼び掛け

2020年11月4日 05時00分 (11月4日 10時43分更新) 会員限定
来店者に三角巾を使った応急処置やロープの結び方などを教える警察官たち=福井市の好日山荘福井北四ツ居店で

来店者に三角巾を使った応急処置やロープの結び方などを教える警察官たち=福井市の好日山荘福井北四ツ居店で

  • 来店者に三角巾を使った応急処置やロープの結び方などを教える警察官たち=福井市の好日山荘福井北四ツ居店で

 秋から冬山登山へと季節が移りゆく中、県警は山岳事故を防ぐ「命綱」として、登山者に入下山時間や装備品などを記入する登山届の提出を呼び掛けている。今秋は人里でもクマの出没が相次いでいるだけに、入山にはより慎重な対応が求められ、登山関係者は「音が出るものを身に着け、身を守る対策を取って」と注意を促している。 (玉田能成)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧