見えない内定取り消し横行 入社辞退や退職「仕向ける」企業

2020年11月4日 05時00分 (11月4日 05時01分更新) 会員限定
研修開始を内定者に伝えるLINEのメッセージ。併せて入社の辞退も促している

研修開始を内定者に伝えるLINEのメッセージ。併せて入社の辞退も促している

  • 研修開始を内定者に伝えるLINEのメッセージ。併せて入社の辞退も促している
 新卒者が入社の辞退に追い込まれたり、長期の自宅待機を命じられて退職したりしている。内定取り消しや解雇ではなく自主的に辞めさせるため、統計に表れない「サイレント内定取り消し」だ。コロナ禍が水面下で若者を追い詰める構図で、再び就職氷河期を迎える懸念も出ている。 (渥美龍太)
 「辞退をご希望される方はご連絡下さい」。東京都内のIT企業に、口頭で四月に正社員採用すると内定を伝えられたという男性(22)は、研修の開始がコロナ禍で延期される中、四月の緊急事態宣言直後に会社から届いたLINEに違和感を持った。何も始まっていないのに入社の辞退を促していたと感じた。
 五月末に始まった研修も初心者に丁寧に教える触れ込みが、専門用語が並ぶ高度な内容と叱責(しっせき)を交えた指導に辞退者が続出。男性は「センスがない」「諦めるなら今のうち」と詰められ、「心が折れた」。会社側は研修によって採用を決めるとし、内定は出していないとの見解。男性は二カ月間拘束され「お試し研修」を受けさせられるが、給料も払われなかった。男性は入社を断念、地元の大阪に帰った。
 「明らかに辞退させようとしていた。あまりに理不尽、将来に絶望し...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧