本文へ移動

読者同士で学べる書店 県内経営者2人、エルパで開店

2020年11月4日 05時00分 (11月4日 05時00分更新)
読書や集会ができる会員制スペース=福井市のエルパで

読書や集会ができる会員制スペース=福井市のエルパで

  • 読書や集会ができる会員制スペース=福井市のエルパで
  • 「AKUSHU」をオープンさせた大連さん(左)と西村さん=福井市のエルパで
  • スタッフがよりすぐった本のコーナー=福井市のエルパで
 地域の書店が次々と姿を消していく中で、県内の若手経営者二人が「文化の日」の三日、福井市のショッピングセンター「エルパ」にこだわりの本屋をオープンさせた。書店と会員制スペースを組み合わせ、本に書かれた内容を実践したり会員同士で語り合ったりできる。二人は「書店経営に新しい風を吹かせたい」と意気込んでいる。 (藤共生)
 共同経営するのは、福井市の人材採用コンサルティング会社「akeru(アケル)」代表の大連達揮さん(33)と坂井市の靴販売会社「ザカモア」社長の西村拓朗さん(32)。
 きっかけは今年一月、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧