本文へ移動

森川葵「みなさんの顔を見てようやくお届けできることを実感…」上映できる喜びを語る

2020年11月3日 20時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台あいさつに出席した(左から)鎌谷悠監督、百田夏菜子、森川葵、松井玲奈、佐藤順一監督

舞台あいさつに出席した(左から)鎌谷悠監督、百田夏菜子、森川葵、松井玲奈、佐藤順一監督

 開催中の「第33回東京国際映画祭」(9日まで)で上映されたアニメ映画「魔女見習いをさがして」(佐藤順一・鎌谷悠監督、13日公開)の舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、声優を務めた森川葵(25)、松井玲奈(29)、アイドルグループ・ももいろクローバーZの百田夏菜子(26)らが出席した。
 1999年から4年間放送されたテレビ朝日系アニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの20周年記念作品。3人の女性が、「おジャ魔女どれみ」の聖地を巡る旅を通じて、子供のころに大切にしていたものを探す姿を描く。
 当初5月公開予定だったが新型コロナウイルスの影響で延期に。客席を見渡した森川は「一時は延期となって、いつみなさんにお届けできるか、公開しても来てくれるかなと思っていましたけど、みなさんの顔を見てようやくお届けできることを実感してうれしい」と笑顔で話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ