本文へ移動

ロッテ清田、2試合連発! 初回7号2ラン 「絶対に勝ちたい」CS進出へ全力

2020年11月3日 14時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・清田

ロッテ・清田

◇3日 ロッテ-ソフトバンク(ZOZOマリン)
 クライマックスシリーズ進出を目指す2位のロッテが先制した。4番に起用されて3試合目となる清田育宏外野手(34)が1回に左翼席に2試合連発となる7号2ランをたたき込んだ。
 「追い込まれていましたが、うまく対応できました。まずは先制できて良かったです。一つも落とせないと思っているので今日は絶対に勝ちたいです」。2死三塁で相手先発バンデンハークの4球目、高めへの148キロを思い切りのいいスイングでとらえた。1日の楽天戦(ZOZOマリン)では史上13人目の全打順本塁打をマーク。打撃が湿りがちだった3年目の安田に代わって4番の座に座り、まずは試合の主導権を握った。
 前日の2日時点で3位西武とは1ゲーム差。この試合を含めて残りは6戦しかない。最後まで死力を尽くす。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ