南アルプス「ジオパーク」の課題は 4市町村、再認定調査スタート

2020年11月3日 05時00分 (11月3日 14時09分更新) 会員限定
旧木沢小で現地調査をする柚洞准教授(左)と宮原名誉教授(左から3人目)ら=飯田市で

旧木沢小で現地調査をする柚洞准教授(左)と宮原名誉教授(左から3人目)ら=飯田市で

  • 旧木沢小で現地調査をする柚洞准教授(左)と宮原名誉教授(左から3人目)ら=飯田市で
 飯田市、伊那市、富士見町、大鹿村を範囲とする南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークの再認定調査が二日、飯田市で始まった。調査は四年に一度。四日まで調査員二人がエリア内を巡り、前回の認定以降の取り組みや関係者らが描く南アの将来図を聞き取る。 (二神花帆)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧