本文へ移動

井上尚弥、コロナ感染で世界戦中止の京口にエール「誰も責められない状況。また気持ち切り替えてがんばって」

2020年11月2日 20時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
成田空港に凱旋した井上尚弥(右)と大橋秀行会長(代表撮影)

成田空港に凱旋した井上尚弥(右)と大橋秀行会長(代表撮影)

 ボクシングWBA・IBF統一バンタム級王者で、10月31日(日本時間1日)に米ラスベガスで行われた防衛戦で鮮烈な7回KO勝ちを収めた井上尚弥(27)=米国=が2日、成田空港に帰国。この日、新型コロナウイルス感染が判明し、翌日の世界戦が中止されたWBAライトフライ級王者の京口紘人(26)=ワタナベ=にも言及した。
 「この状況は(感染したことを)誰も責められない状況なので、また気持ち切り替えてがんばってもらいたいと思います」
 プライベートでも親しい同い年の友人にエールを送っていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ