本文へ移動

J1鹿島は中村憲剛獲れず…幹部悔い「あんな細いヤツは通用せん!」と一蹴され断念

2020年11月1日 19時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月18日の試合後、サポーターにあいさつする川崎の中村憲剛

2020年10月18日の試合後、サポーターにあいさつする川崎の中村憲剛

 J1川崎の元日本代表MF中村憲剛(40)が1日、今季限りでの現役引退を表明した。かつて川崎を担当した本紙記者が中村にまつわる話を紹介する。
   ◇   ◇
 古い話になるが、中村憲剛は鹿島でプロ生活を始めていた可能性があった。J1鹿島を歴代最多の20冠に導き、「満(マン)さん」の愛称で多くの人から慕われる鈴木満取締役・フットボールダイレクターは「オレは憲剛が欲しかったんだよ。だけどなあ…」と、今でも悔しがることがある。
 中大4年当時、年代別代表入りの経験がない憲剛の評価は高くなかった。大学卒業が近づいてもプロ入り先は決まらず、同じ中大OBの満さんを頼って鹿島の練習に参加。憲剛の能力にほれ込んだ満さんは取締役会で獲得を強く訴えた。だが、他の取締役に「あんな細いヤツはプロで通用せん!」と一蹴され、泣く泣く獲得を断念。憲剛は満さんと高校で同級生だった庄子春男GMのいる川崎で、練習生からプロ生活を始めた。
 記者も「うまいけど、華奢(きゃしゃ)」と、憲剛が大成するとは思わなかった。だが、2年目、関塚隆監督(当時)がトップ下からボランチにポジションを代え、相手の圧力が減ったことが転機となり、メキメキとその実力を上げた。2006年には日本代表入りし、10年にはW杯南アフリカ大会に出場。16年のJリーグMVPなどの活躍は、ご存じの通りだ。
 鹿島には、憲剛のひとつ上で、1999年世界ユース選手権(現U―20W杯)で銀メダルを獲得した黄金世代の小笠原満男、中田浩二、本山雅志らがいた。憲剛がその才能を開花させられたかどうかは分からない。ただ、鹿島が世代交代に苦しみ、タイトルから遠ざかっていたころ、「庄子、憲剛を返せ」と、日本一の強化担当が冗談めかして愚痴ることがあったと聞いている。(相原俊之)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ