本文へ移動

ディープ産駒の1番人気グレートマジシャンが2番手から抜け出し快勝 鞍上のルメールは「ずっといい感じでした」【東京4R新馬戦】

2020年11月1日 14時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
グレートマジシャン

グレートマジシャン

 東京4Rの新馬戦(芝1800メートル)は1番人気のグレートマジシャン(牡2歳、父ディープインパクト、母ナイトマジック、美浦・宮田)が2番手から直線抜け出し、レッドロワを頭差しのいで初陣を飾った。
 ルメールは「ずっといい感じでした。道中は2回別の馬にかわされたけど、毎回ファイトしてくれた。センスはあるし距離が延びても大丈夫」と勝負根性を評価。宮田師は「まだ遊びがある走りながらセンスの良い競馬をしてくれた。着差以上に強かったと思う」と話した。次走は未定。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ