本文へ移動

京都で全レース騎乗…11RカシオペアSのボッケリーニはゲート五分なら勝機がありそう【松山弘平コラム】

2020年11月1日 08時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

 3日は大井競馬場へ。サクセスエナジーに騎乗してJBCスプリント、レーヌブランシュとのコンビでJBCレディスクラシックに挑みます。どちらも強敵が相手になりますが、2頭とも前走より状態が上向いていますし、どれだけやれるか楽しみ。JBCは5年前にスプリントをコーリンベリーで勝っていて、自分にとって最初に勝ったG1(Jpn1)レースなんですよね。その時が大井でしたし、今年もいい結果を出せるよう頑張ります。
 日曜も京都で全レース騎乗です。2Rのラマルセイエーズは展開が向けば。4Rのアイリッシュセンス、5Rのサイキユイコウルは追い切りの動きが上々。6Rのニホンピロストームは初勝利がいい内容でしたし、仕上がり次第ではやれるかも。8Rのシルヴェリオは前走のレースぶりならここも楽しみです。
 9Rのチュウワノキセキは少し甘いですが、良馬場なら。10Rのメイショウカズサは高い能力がありますし、スムーズに運べれば4連勝の可能性も十分。11Rのボッケリーニは、3走前は出遅れたのでゲート五分なら勝機がありそう。12Rのファストボウラーは先行有利の展開なら前残りがあるかもしれません。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ