本文へ移動

楽天 逆転負けで再び自力CS消滅… 6回に5点奪われる 乱調の酒居「急ぎすぎて送球それた」

2020年10月31日 18時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回1死三塁、福田の投ゴロをホームに悪送球しうなだれる酒居(右)

6回1死三塁、福田の投ゴロをホームに悪送球しうなだれる酒居(右)

◇31日 ロッテ6ー3楽天(ZOZO)
 楽天が手痛い星を落とした。2点リードの6回だった。先発・石橋が連打を浴びて追いつかれ、なお1死一塁で酒居がマウンドへ。だが清田を四球で塁に出すと、菅野に144キロ直球を右翼線へ運ばれ、勝ち越し三塁打を献上。このイニングに一挙5点を奪われて逆転された。
 酒居は「(制球は)そんなに悪くはなかった。送球がそれたのは、少し急ぎすぎたかなっていう感じです」と意気消沈。三木監督は「今までもいっぱいチームを救ってくれたから、きょうも踏ん張ってほしかった。投げミスすることもあるけど、そのへんをしっかり突き詰めないと」と苦い表情だった。
 これで30日に復活したばかりの自力でのCS進出の可能性が再び消滅。2位ロッテとのゲーム差も2・5に広がり、崖っぷちに追い込まれた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ