本文へ移動

リーグ連覇の翌日もG主力組に緩みなし…岡本がキング奪取へ29号逆転3ラン&丸が27号ソロの二者連続アーチ 菅野は14勝目

2020年10月31日 17時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本を迎える原監督

岡本を迎える原監督

◇31日 巨人6-4ヤクルト(東京ドーム)
 さあ、8年ぶりの日本一奪取へ気持ちを新たに再出発だ。巨人は岡本和真内野手(24)と丸佳浩外野手(31)の二者連続アーチが飛び出し、連敗を5でストップ。同点の5回1死一、三塁からまずは岡本が左翼席へ2試合連発となる29号3ランで逆転に成功すると丸が27号ソロで続き、エース菅野を強力援護した。
 前日は引き分けでリーグ連覇を達成。優勝から一夜明け、主力組に緩みはなくようやく打線がかみ合い始めた。投げてもエースの菅野が5イニング1失点で14勝目。昨年はソフトバンクにまさかの4連敗を喫した日本シリーズ。その屈辱を晴らすべく、日本一奪取へ向けた戦いが始まった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ