本文へ移動

リーグ優勝から一夜明けても好投!! 巨人・菅野は5イニング1失点 防御率2.04でリーグトップを守る中日・大野雄の1.91を猛追できず

2020年10月31日 16時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回表2死二塁、村上を遊直に打ち取り、グラブを叩く巨人先発の菅野

5回表2死二塁、村上を遊直に打ち取り、グラブを叩く巨人先発の菅野

◇31日 巨人-ヤクルト(東京ドーム)

 セ・リーグ優勝が決まって一夜明けた31日、巨人の先発菅野智之投手(31)が東京ドームでのヤクルト戦に先発登板。5イニングを1失点でまとめ、勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。
 この日は5安打、4四死球と走者を背負う場面が多かったが、それでも要所を締める投球で崩れなかった。1-1の5回に岡本、丸に二者連続アーチが飛び出し、勝ち越しに成功した。
 これで菅野の防御率は2・04。沢村賞争いでしのぎを削る中日の大野雄大はトップの1・91で、その差を大幅に縮めることはできなかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ