本文へ移動

西武・山川が抹消 3年連続本塁打王は絶望的 右足首の痛みとれず…治療に専念

2020年10月31日 14時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
西武・山川穂高

西武・山川穂高

 西武は31日、打撃不振が続いていた山川穂高内野手(28)の出場選手登録を抹消した。以前から右足首に痛みを抱えており、治療に専念するという。再登録できるのは最短で11月10日。チームのレギュラーシーズン最終戦は現時点で同9日となっており、3年連続を目指していた本塁打のタイトル獲得は絶望的となった。
 2018年は47本塁打、昨季は43本塁打を記録したが、今季は打率2割5厘、24本塁打、73打点。本塁打については30日時点で、最多の32本を放っている楽天の浅村栄斗とは8本差をつけられている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ