本文へ移動

井上尚弥が前日計量クリア さあ決戦 大橋秀行会長「尚弥は木鶏のよう」2食連続ステーキで栄養補給も怠りなし

2020年10月31日 14時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
計量を終え壇上でポーズを取る井上尚弥(左)と挑戦者モロニー(大橋ジム提供)

計量を終え壇上でポーズを取る井上尚弥(左)と挑戦者モロニー(大橋ジム提供)

 米ラスベガスMGMグランドで10月31日(日本時間11月1日)に行われるWBA・IBF統一バンタム級タイトルマッチの前日計量が30日(日本時間31日)に当地で行われ、王者の井上尚弥(27)=大橋=が53・3キロ、挑戦者のWBO同級1位ジェーソン・モロニー(29)=豪州=が53・4キロでともに1回でクリアした。はかりに乗った体は計量時とは思えないほどナチュラルだったが、クリアして軽く力を込めると、全身から筋肉が浮き上がり完璧な仕上がりをうかがわせた。
 関係者にうながされてのにらみあい「フェースオフ」では、マスク姿ながら自ら至近距離まで接近し闘志を見せた。その後、自らのツイッターに「計量パス。この一年でパワーアップした姿を明日見せたいと思います。日本から声援パワーを送って下さいね。それではまた明日!!」とコメント。契約する米大手プロモート会社のプロモーション映像も、炎の絵文字3連発とともにリツィートした。
 計量の様子を見守った大橋秀行会長は「尚弥は緊張してるでもなく興奮してるでもなく木鶏のようです」とジムを通じてコメント。木鶏とは中国の古典、荘子にある何事にも動じない最強の状態を指す言葉だ。
 計量後はスターバックスのフラペチーノ、ステーキ、ご飯などで栄養補給。食後は米国の中継を担当する米スポーツ専門局ESPNのリモート取材に応じ、解説を担当するアンドレ・ウォード、ティモシー・ブラッドリーの元世界2階級制覇王者2人と会話した。夕食はデリバリーで再びステーキを平らげ、最後のPCR検査も終了。全階級最強ランク「パウンド・フォー・パウンド」で2位にまで登り詰めているモンスターは、すべての準備を終えてゴングの瞬間を待つ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ