本文へ移動

近畿は智弁学園が9年ぶり決勝進出 小畠が1失点完投 満塁ピンチでプロ注目の市和歌山・小園を空振り三振

2020年10月31日 14時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
相手打者を抑え、手を上げる智弁学園・小畠

相手打者を抑え、手を上げる智弁学園・小畠

◇31日 秋季近畿地区高校野球大会準決勝 智弁学園(奈良2位)4―1市和歌山(和歌山1位)=わかさスタジアム京都
 智弁学園は背番号「10」の小畠一心(おばた・いっしん)投手(2年)が7安打、4三振、5四死球の1失点完投で9年ぶりとなる決勝に進出した。
 「西村(背番号1)がベスト4まで連れてきてくれたので、あとは自分が何とかしたろうという気持ちでした」
 序盤に4点の先取点をもらうと、走者を出しながらも粘り強く投げた。6回に2死から連打と連続四球で1点を与えながらも、なおも満塁ピンチにプロ注目右腕の小園健太投手(2年)を空振り三振に封じた。最速145キロという直球で押せたと振り返る。
 「終盤、右太もも裏がつりそうになりましたが、何とか気持ちで乗り切った感じです」
 先発起用した小坂将商監督は「完投してくれたらいいなと思っていて、本人も行く気だったので任せた」と明かす。9年ぶりの優勝へ、大阪桐蔭(大阪1位)―京都国際(京都3位)の勝者と11月1日に戦う。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ