<わが街探偵団> 焼き物の土づくり、工程は?

2020年10月31日 05時00分 (10月31日 11時00分更新) 会員限定
原土から焼き物の土をつくる「水簸」を紹介する加藤技師=常滑市のとこなめ陶の森陶芸研究所で

原土から焼き物の土をつくる「水簸」を紹介する加藤技師=常滑市のとこなめ陶の森陶芸研究所で

  • 原土から焼き物の土をつくる「水簸」を紹介する加藤技師=常滑市のとこなめ陶の森陶芸研究所で
  • 水に溶けた土をふるいでさらしながら別の容器に移す=常滑市のとこなめ陶の森陶芸研究所で
  • 上澄みの水がほとんどなくなるまで水を抜く=常滑市のとこなめ陶の森陶芸研究所で
  • 少しずつ硬くなった吸いがめの土=常滑市のとこなめ陶の森陶芸研究所で
 焼き物が好きです。陶芸の世界では「一土、二焼き、三細工」という名言がありますが、焼成や細工に対し、土づくりについてはほとんど情報がありません。山の土が焼き物の土になるまでの過程が知りたいです。 =名古屋市緑区の男性会社員(64)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報