<WE LOVE ジモスポ> 「最高の舞台」31日開幕 バレー男子Vリーグ 

2020年10月31日 05時00分 (10月31日 10時39分更新) 会員限定
ウルフドッグス名古屋が今季から本拠地とする豊田合成記念体育館のアリーナ=稲沢市下津北山1で

ウルフドッグス名古屋が今季から本拠地とする豊田合成記念体育館のアリーナ=稲沢市下津北山1で

  • ウルフドッグス名古屋が今季から本拠地とする豊田合成記念体育館のアリーナ=稲沢市下津北山1で
  • ジャンプサーブで美しい跳躍を見せるウルフドッグスの高梨選手=稲沢市の豊田合成記念体育館で
  • 日本代表としても活躍する西田選手=ジェイテクトSTINGS提供
 17日に開幕したバレーボール男子Vリーグ1部。県内ではジェイテクトSTINGS(ホームタウン・刈谷市など)とウルフドッグス名古屋(同・稲沢市など)が頂点を目指す。両チームが目指す戦いぶりを取材。2連覇を目指すジェイテクトの若きエース西田有志選手(20)の今季の意気込みに迫り、ウルフドッグスが稲沢市に新設したアリーナの特徴を紹介する。 (西田直晃、牧野良実)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報