もみじ湖周辺、秋の色 長野・箕輪

2020年10月31日 05時00分 (10月31日 05時00分更新) 会員限定
赤く色づき始めたモミジ=長野県箕輪町で

赤く色づき始めたモミジ=長野県箕輪町で

  • 赤く色づき始めたモミジ=長野県箕輪町で
 「もみじ湖」として親しまれている長野県箕輪町東箕輪の箕輪ダム周辺に植えられた1万本のモミジが色づき始め、県内外から訪れた観光客が紅葉を楽しんでいる。
 一帯のモミジは、1992年に箕輪ダムが完成した後、ダム湖に沈んだ集落の元住民たちが、住んでいた地域を忘れないようにと思いを込めて植えた。今年は、大手旅行サイト「じゃらんnet」が選ぶ全国おすすめ紅葉スポットランキングで1位に選ばれている。
 青空が広がった30日は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の最新ニュース

記事一覧