絶景、黄金色のススキ 稲取細野高原で見頃

2020年10月31日 05時00分 (10月31日 05時03分更新)
見頃を迎えた稲取細野高原のススキ野原=東伊豆町で

見頃を迎えた稲取細野高原のススキ野原=東伊豆町で

  • 見頃を迎えた稲取細野高原のススキ野原=東伊豆町で
 東伊豆町の稲取細野高原に群生するススキが見頃を迎えている。東京ドーム二十六個分の広大な土地に黄金色の野原が広がってる。
 今年は新型コロナウイルス対策のため、麓のイベント広場から三筋山(標高八二一メートル)山頂までの無料シャトルバスの運行は中止。高原内は全て徒歩での散策となっている。
 高原は映画やドラマなどのロケ地としても使われる絶景地で、世界認定された伊豆半島ジオパークの一つ。晴れた日には、相模灘や伊豆諸島も望める。
 観光客が散策を楽しんでおり、神奈川県厚木市の団体臨時職員木田文治さん(65)、文子さん(61)夫妻は「きれいで裏切らない景色。一日楽しめる」と喜んでいた。
 入山は午前十時〜午後四時で、雨天中止。小学生以下無料、中学生以上三百円。十一月六日までは、見頃に合わせてスタンプラリーなど関連イベントを開催している。 (山中正義)

関連キーワード

PR情報