本文へ移動

デアリングタクトでコントレイルと対戦の可能性も…そうすれば間違いなく盛り上がる【松山弘平コラム】

2020年10月31日 08時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平騎手

松山弘平騎手

 先週は京都で2勝。土曜8Rのアメリカンシードは初ダートでしたが楽勝でしたね。あのレースぶりなら上でもやれるでしょう。一方、菊花賞のレクセランスは残念ながら16着。スムーズな競馬はできたのですが、内にもたれる面がありましたし、距離も長かったのかもしれません。
 勝ったのは断然人気のコントレイル。最後抜かせなかったあたりは、さすがだと思いましたね。今週、デアリングタクトの次走がジャパンCに決まりましたが、当然、コントレイルと対戦する可能性は十分にあるでしょう。そうなれば間違いなく盛り上がりますし、いい競馬を皆さんに見てもらえるよう、自分も頑張りたいと思っています。
 今週は京都で全24レースに騎乗します。1Rのジョークラッシャーは、能力はあるので2戦目で集中力が増せば期待できそう。3Rのレイモンドバローズは先行有利の馬場なら。5Rのレッドアストラムは追い切りの動きは良かったです。
 11Rのサウンドキアラは休み明けですが、春と変わらない動きをしてくれています。条件も合うので、結果を出して次に弾みをつけたいですね。12Rのテーオーケインズも相手次第でチャンスがありそうです。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ