感染の子どもの同級生ら検査へ 三重・鈴鹿

2020年10月31日 05時00分 (10月31日 05時00分更新) 会員限定
 県内では三十日、新たに七人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。このうち鈴鹿市の六人は同居の家族で、別の家族の感染が既に判明していた。県は、子ども三人が通っていた学校の同級生ら計百三十人に検査を進める。
 鈴鹿市の家族は、いずれも無職の四十代女性と二十代男性、二十代短大生、十代の高校生と中学生、十歳未満の小学生。子どもが通っていた市内の小中学校、四日市市内の高校はいずれも三十日、臨時休校となった。週末について、小中学校は三十一、十一月一日は施設を閉鎖し、高校は協議中という。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報