本文へ移動

小祝さくら、1番ティーショットでまさかのダフりも後半に驚異の巻き返し 「日向子ちゃんのホールインワンすごかった」ライバルたたえる

2020年10月30日 19時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第1日、15番のティーグラウンドで、渋野日向子(手前)と談笑する小祝さくら

第1日、15番のティーグラウンドで、渋野日向子(手前)と談笑する小祝さくら

◇30日 樋口久子三菱電機レディス第1日(武蔵丘GC)
 渋野と同組で回った小祝さくら(22)=ニトリ=は、1番のティーショットをまさかの当たり損ねで左OBだった。
 「練習ラウンドでたまに出ることがあるんですが…タイミングがおかしくなってダフりました。ああいうOBは初めてぐらいの勢いでしたね」。ダブルボギーからのスタートで前半40をたたいたが、後半は驚異の巻き返しで結局72。
 「あのスタートホールからパープレーにできたのは結果的によかったと思う。日向子ちゃんのホールインワン、あのピン位置で…すごかった。さすがです」と、同学年のライバルをたたえた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ