本文へ移動

関ジャニ大倉忠義 コロナ復帰後初の公の場「万全の体調に戻りました」満席の劇場に感激

2020年10月30日 16時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大ヒット記念舞台あいさつに登場した大倉忠義(左)と行定勲監督

大ヒット記念舞台あいさつに登場した大倉忠義(左)と行定勲監督

 関ジャニ∞の大倉忠義(35)が30日、東京都内で主演映画「窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る」(行定勲監督)大ヒット記念舞台あいさつに出席した。
 大倉は9月23日に新型コロナウイルス感染が判明して療養。今月12日から活動を再開し、この日が復帰後初の公の場となった。「ご心配をかけましたけれども、万全の体調に戻りました」と報告すると司会者が「お帰りなさい。待ってました」と声をかけ、観客も拍手で回復を祝福した。
 大倉は「本当に久しぶりにお客さんの前に立てた。いつも(関ジャニ∞の)ライブで1年に1回あるけど今年はどうなるんだろうというのがあった。こういう機会、すごくうれしく思います」と笑顔。満席の劇場内を見渡し「映画館もこれだけ満員で見られるようになった。ありがとうございます」と感激した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ