【石川】コロナに負けず 明るい便りを 年賀はがき 全国販売始まる

2020年10月29日 05時00分 (10月30日 12時14分更新)

販売が始まった年賀はがき=29日午前、金沢市三社町の金沢中央郵便局で(篠原麻希撮影)


 二〇二一年用の年賀はがきの販売が二十九日、全国一斉に始まった。金沢市三社町の金沢中央郵便局では、新型コロナウイルス感染防止のため、テープカットや抽選会といった販売開始セレモニーを中止し、訪れる人はまばらだった。
 発売された年賀状は、干支(えと)のウシをかたどった赤べこや、兼六園の徽軫灯籠(ことじとうろう)のイラストがデザインされたものなど六種類。発行枚数は全国で、昨年より二割ほど少ない十九億四千万枚。北陸三県では、六千八万枚を用意している。
 購入に訪れた同市芳斉の虎井佳代子さん(68)は「コロナに負けずお互い頑張りましょうと書き添えようと思う」と話していた。
 配達の受け付けは十二月十五日から。元日に届くようにするためには、同二十五日までの投函(とうかん)を呼び掛けている。

関連キーワード

PR情報

北陸写真ニュースの最新ニュース

記事一覧