【与田監督語録】竜の4番代役はいろいろパターンある…今すぐ何か全部決めなきゃいけないわけでもない

2020年10月30日 11時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
甲子園での試合を終えてあいさつする与田監督

甲子園での試合を終えてあいさつする与田監督

  • 甲子園での試合を終えてあいさつする与田監督
◇29日 阪神3―1中日(甲子園)
 ▼大野雄の6イニング3失点の投球に関して
 まあコントロールかな。ひと言で言うと。両サイド、ギリギリのところでストライクが取れないから、どうしても甘く入った感じはした
 ▼甲子園では1勝11敗
 負ける時というのはやっぱり点が取れなかったり、点が取られるということになるので、それがたまたま甲子園で続いたということがあるのかもしれないし…。そういう原因はこれからちゃんと、検証しないといけない
 ▼ビシエドの代役4番は今後も高橋?
 それはまだいろいろパターンはあると思うので。今すぐ何か全部決めなきゃいけないわけでもない

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ