認知症徘徊、より迅速に保護 鯖江市がQRコード付きシール導入

2020年10月30日 05時00分 (10月30日 12時37分更新) 会員限定
衣類などに貼られた認知症高齢者見守りシールのQRコード。家族らにメールが届いて伝言板でやりとりができる=鯖江市役所で

衣類などに貼られた認知症高齢者見守りシールのQRコード。家族らにメールが届いて伝言板でやりとりができる=鯖江市役所で

  • 衣類などに貼られた認知症高齢者見守りシールのQRコード。家族らにメールが届いて伝言板でやりとりができる=鯖江市役所で
 鯖江市は鯖江署と連携し、QRコードを活用した「認知症高齢者見守りシール」を十一月一日から導入する。認知症などで徘徊(はいかい)し支援が必要な高齢者の衣類などに貼ったQRコードを発見者がスマートフォンなどで読み取ると、発見を知らせるメールが家族らに届く仕組み。インターネット上の伝言板を介してやりとりすることで発見から保護、帰宅までを支え、高齢者の早期発見や安全確保につなげる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の最新ニュース

記事一覧