造林公社の森林を東近江ロータリークラブの森として整備

2020年10月30日 05時00分 (10月30日 12時16分更新) 会員限定
記念看板の除幕式を祝う(左から)小椋市長、三日月知事、中村会長、田中実行委員長=東近江市君ケ畑町で

記念看板の除幕式を祝う(左から)小椋市長、三日月知事、中村会長、田中実行委員長=東近江市君ケ畑町で

  • 記念看板の除幕式を祝う(左から)小椋市長、三日月知事、中村会長、田中実行委員長=東近江市君ケ畑町で
  • スギにテープを巻く参加者=東近江市君ケ畑町で
 8月に県造林公社と「琵琶湖森林づくりパートナー協定」を結んだ東近江ロータリークラブ(RC、東近江市)は29日、締結後初の保全活動を行った。同市君ケ畑町にある公社所有の森林を「東近江ロータリークラブの森」と名付け、記念看板の除幕式や、獣害対策を実施した。(斎藤航輝)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧