松阪市で「書かない窓口」スタート 県内初、感染対策にも 

2020年10月30日 05時00分 (10月30日 12時05分更新) 会員限定
職員(右)から申請書の説明を受ける竹上市長=松阪市役所で

職員(右)から申請書の説明を受ける竹上市長=松阪市役所で

  • 職員(右)から申請書の説明を受ける竹上市長=松阪市役所で
 松阪市は二十八日、市民らが自ら申請書に記入しなくても、市職員に本人確認などをしてもらい、署名するだけで住民票の写しといった各種証明書をもらえる「書かない窓口」を戸籍住民課に設置した。証明書交付までの時間も短くなり、来庁者のさらなる利便性向上につなげたい狙いだ。市によると、こういった窓口の設置は県内初。(冨田章午)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧