月見イベントに合わせ斎王と満月の特別な御朱印 明和の竹神社

2020年10月30日 05時00分 (10月30日 12時05分更新) 会員限定
満月の絵が印刷された31日限定の御朱印(左)と通常の御朱印=明和町の竹神社で

満月の絵が印刷された31日限定の御朱印(左)と通常の御朱印=明和町の竹神社で

  • 満月の絵が印刷された31日限定の御朱印(左)と通常の御朱印=明和町の竹神社で
 かつて天皇に代わって伊勢神宮に仕えた未婚の皇女「斎王」にゆかりがあるとされる、明和町斎宮の竹神社で三十一日、満月の日に合わせた特別な御朱印が頒布される。近くの広場で催されるイベントに合わせて企画した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の最新ニュース

記事一覧