「段々実感」「走攻守で力出す」 中日3位指名の近江高・土田選手

2020年10月30日 05時00分 (10月30日 12時11分更新) 会員限定
担当の山本アマスカウトチーフ補佐(左)と握手を交わす土田選手=彦根市の近江高で

担当の山本アマスカウトチーフ補佐(左)と握手を交わす土田選手=彦根市の近江高で

  • 担当の山本アマスカウトチーフ補佐(左)と握手を交わす土田選手=彦根市の近江高で
 プロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから三位指名を受けた近江高校の土田龍空選手(17)。彦根市の同校で中日の指名あいさつを受けた二十九日、「走攻守に自信があるのでトリプルスリーとゴールデングラブ賞の獲得を目標にしたい」と意気込んだ。
 あいさつには、米村明チーフスカウト、山本将道アマスカウトチーフ補佐ら三人の球団関係者らが訪れた。野球部の多賀章仁監督らも同席し、土田選手にはドラフト会場への入館IDがプレゼントされた。土田選手は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報