幼き日の秋篠宮さまに湖国の伝説 大津の鈴木さん描いた日本画「近江」

2020年10月30日 05時00分 (10月30日 05時00分更新) 会員限定
鈴木さんの描いた「近江」(同館提供)

鈴木さんの描いた「近江」(同館提供)

  • 鈴木さんの描いた「近江」(同館提供)
  • 「近江」の絵を前に、琵琶湖の風景をご覧になる子どものころの秋篠宮さま=大津市打出浜の県立琵琶湖文化館で(同館提供)
 休館中の県立琵琶湖文化館(大津市打出浜)が所蔵している日本画「近江」が、約四十年前に同館に子どもだった秋篠宮さまを迎えた際、琵琶湖の風景や湖国の伝説を説明するために描かれた絵であることが判明した。皇位継承順一位の皇嗣(こうし)になったことを示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」を十一月八日に控え、同館の井上優主幹(55)は「皇室と県の結び付きを改めて感じさせてくれる、記念的な作品」と喜んでいる。 (堀尾法道)
 「近江」は縦四十五・二センチ、横百三十六・二センチで、大津市の日本画家鈴木靖将さん(76)が描いた。比叡山や鈴鹿山脈、比良山系、沖島、琵琶湖大橋、旧琵琶湖ホテルなどの同館から見える景色のほか、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧