明智光秀・熙子の地方版も 大津中央郵便局、年賀はがき利用呼び掛け

2020年10月30日 05時00分 (10月30日 05時00分更新) 会員限定
訪れた人に記念品を手渡し、年賀はがきをPRする局員(左)=大津市打出浜の大津中央郵便局で

訪れた人に記念品を手渡し、年賀はがきをPRする局員(左)=大津市打出浜の大津中央郵便局で

  • 訪れた人に記念品を手渡し、年賀はがきをPRする局員(左)=大津市打出浜の大津中央郵便局で
 二〇二一年用の年賀はがきの販売が二十九日、全国で一斉に始まった。大津市打出浜の大津中央郵便局でもこの日、局員らが訪れる人たちにカレンダーやミニ貯金箱などのPRグッズを手渡し、年始のあいさつへの利用を呼び掛けた。
 今年は、来年の干支(えと)である丑(うし)にちなんだ「梅と赤べこ」(六十八円)や、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧