ミス・ユニバース日本代表に栃木愛シャ暖望さん 「涙が止まらなくて」父はガーナ人 2度目挑戦で栄冠

2020年10月29日 21時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
堂々としたグランプリ姿を見せた栃木さん

堂々としたグランプリ姿を見せた栃木さん

  • 堂々としたグランプリ姿を見せた栃木さん
「2020 Miss Universe Japan Final」が29日、東京・新宿の山野ホールで開催され、東京都中野区出身でガーナ出身の父を持つ会社員、栃木愛シャ暖望さん(とちぎ・あいしゃ・はるみ、24)がグランプリに輝いた。
 名前が呼ばれた瞬間、胸を押さえ、あふれる涙をこらえ切れなかった。栃木さんは「涙が止まらなくて、メイクも直してもらいました」と照れ笑い。現在はホテルに勤務しているそうで、日本語と英語が堪能。ガーナ語は聞き取りができるレベルという。
 ミスユニバースには2度目の挑戦。昨年は「自信が持ちきれなくて堂々とできなかった。1年、家族に支えられて、スピーチやトークショーで発信力を身に付けたのが良かったと思う」と満面の笑みを浮かべた。
 世界大会は、11月のアメリカ大会が終わり次第、日程、場所などが発表される。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ