白石麻衣の涙腺決壊「やっぱり乃木坂って最高、ありがとうでいっぱい」卒業公演68万人視聴

2020年10月29日 00時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラストステージでアイドル生活に別れを告げた白石麻衣(写真中央)

ラストステージでアイドル生活に別れを告げた白石麻衣(写真中央)

  • ラストステージでアイドル生活に別れを告げた白石麻衣(写真中央)
  • 公演序盤から涙をこらえきれなかった白石麻衣(中央)
  • 完全燃焼した白石麻衣(左から3人目)
  • メンバーたちとの最後のステージを楽しんだ白石麻衣(中央)
 人気アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣(28)が28日、東京都内で「Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~」と題したオンラインの卒業コンサートを行いグループから卒業した。人気メンバーの白石だけに、国内外の68万7000人(推計)のファンが視聴。公演序盤から涙をこらえきれなかった白石だが、渾身(こんしん)のパフォーマンスでラストステージを飾り、9年間のアイドル生活に別れを告げた。今後は女優・モデルとして幅広く芸能活動をこなす。
 当初、卒業コンサートは5月5日から7日の3日間、東京ドームで開催される予定だった。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となり、オンラインの配信ライブとして開催されることになった。
 アジア圏でも人気の乃木坂。視聴チケットは国内のみならず、台湾、香港、マレーシア、マカオ、中国でも販売され、当日はABEMA、Huluなど9つの動画配信サイトでの生配信が予定され、推計で国内で65万7000人、海外で3万人のファンが視聴した。
 公演前、1つの動画配信サイトにアクセスが集中しなかなかつながらない状態に。復旧作業などを行ったため、本来、午後7時に開演予定だったが、約30分遅れでのスタートとなった。
 開演直後、「来ちゃいましたね。今、すごい(卒業を)実感してきて、一曲一曲かみしめて大事にパフォーマンスしたいと思います」と意気込み。序盤は涙をこらえたが、惜別曲「失いたくないから」で涙を流すメンバーが続出すると、こらえきれずに涙腺が決壊。ステージ上でティッシュで涙をぬぐい、涙をこらえながら、センターをつとめた楽曲「ガールズルール」「インフルエンサー」「シンクロニシティ」などラストステージにふさわしい渾身のパフォーマンスを披露した。
 終盤、白石は肩を出したドレス姿で涙の卒業スピーチ。「私にとって9年間は楽しい思い出ばかり」と切り出し、「今日、こうしてライブが始まって曲がかかった時、一番最高のライブにしたいと思ったし、さみしい気持ちよりもしっかり前を向いて大きな一歩につながるので頑張らなきゃ、と思いつつここまで走ってきました」とラストステージを振り返った。
 ファンに対して、「最後のライブが配信になってしまい直接気持ちを伝えることができなくて残念ですけど、みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にたくさん感謝しているし、ありがとうの気持ちでいっぱいです」とメッセージ。「9年間、乃木坂にいて楽しかったし、乃木坂にいて本当に良かったです。やっぱり乃木坂って最高。そう今日までの9年間で思いました」とスピーチを終えた。
 その後、1期生の同期で唯一同じ年齢のメンバー・松村沙友理(28)が号泣しながら手紙を朗読すると白石も号泣。白石は、「いろんなことを一緒に乗り越えてきた仲間だからお手紙はうれしかったし、これからも手を取り合い支え合っていこうね」と松村との深いきずなをうかがわせた。ラストは最後の参加曲でセンターをつとめた「しあわせの保護色」を熱唱した。終演後は各メンバーとの卒業セレモニーを行い、乃木坂の未来を託した。
【白石麻衣】(しらいし・まい) 1992(平成4)年8月20日生まれ、群馬県出身。2011年8月に乃木坂46の1期生オーディションに合格。今年3月発売の「しあわせの保護色」までシングル25作品すべて選抜メンバー入りし、うち5作品でセンターをつとめる。乃木坂のメンバーとして17年と18年に2年連続で「日本レコード大賞」を受賞。女優・モデルとしても活躍し、2冊目の写真集「パスポート」(講談社)は50万部突破のヒット作となる。今年の誕生日に公式YouTubeチャンネルを開設し、約2カ月で登録者は114万人を突破。身長162センチ、血液型はA。愛称はまいやん。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ