本文へ移動

ふすまや障子を自分好みに 福井の業者、印刷機導入

2020年10月29日 05時00分 (10月29日 05時00分更新)
導入したプリンターで中村さん(右)がスマートフォンで撮影した写真を印刷した壁紙と障子紙=福井市の中村畳ふすまで

導入したプリンターで中村さん(右)がスマートフォンで撮影した写真を印刷した壁紙と障子紙=福井市の中村畳ふすまで

  • 導入したプリンターで中村さん(右)がスマートフォンで撮影した写真を印刷した壁紙と障子紙=福井市の中村畳ふすまで
  • 恐竜の絵を印刷した障子やふすまを使った宝生亭の部屋=加賀の宿(宝生亭提供)
 畳やふすま、障子の製造、修繕を手掛ける「中村畳ふすま」(福井市灯明寺一)が、ふすまや障子紙などの大きな紙に印刷できるプリンター(HP社製)を導入した。自分で撮影した写真や絵のデータを印刷することができ、オリジナルの部屋や店舗づくりの力になる。 (鈴木啓太)
 部屋や空間に独自性を求める顧客の声に応えるため、国の補助金を活用し、六月下旬に取り入れた。同社では中村康博社長(48)が撮影した...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報