本文へ移動

中日ビシエドが負傷交代…ダイビングキャッチ試み左肩痛める 打点王争いに暗雲

2020年10月28日 21時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏2死二、三塁、近本の打球に飛びつくが、負傷し痛がるビシエド

8回裏2死二、三塁、近本の打球に飛びつくが、負傷し痛がるビシエド

◇28日 阪神―中日(甲子園)
 中日のダヤン・ビシエド内野手(31)が、28日の阪神戦(甲子園)で負傷交代した。
 1-5の8回2死二、三塁で近本が放った一、二塁間への痛烈な打球に飛び込んだ際に左肩を痛めたとみられる。痛そうな表情を浮かべ、すぐには1人で起き上がることができず、支えてもらいながら、ベンチに下がった。
 開幕からチームを支え続けてきた主砲がシーズン終盤に離脱となれば、大打撃だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ