本文へ移動

中日戦を初提供 イベント定額制サービス「ソノリゴ」

2020年10月29日 05時00分 (10月29日 05時00分更新)
ソノリゴ

ソノリゴ

  • ソノリゴ
  • ソノリゴの遠山寛治社長
 文化芸能やスポーツといった各種イベントの定額制サービスを運営する名古屋大発のベンチャー企業「Sonoligo(ソノリゴ)」=愛知県刈谷市=が、プロ野球中日の試合チケットを初導入した。対象は十一月四、五日のDeNA戦(ナゴヤドーム)。同社によると、プロ野球のチケットを扱う定額制サービスは、セ・パ両リーグを通じて初めて。 (小杉敏之)
 ソノリゴは二〇一八年の設立以降、幅広いジャンルのイベントを取りそろえ、サービスを拡充。音楽ファンら多様なユーザーを抱える同社の遠山寛治社長は「ドラゴンズがこれまでリーチできなかった客層を呼び込める」と動員に自信を示す。
 サービスは月額制で、イベント予約が無制限にできるプランが二千九百八十円、月二回まで予約可のプランが九百八十円。各イベントの参加需要に応じてチケットを手配し、ユーザーに提供している。
 今年はコロナ禍でイベントの入場者数に制限があるが、もともとどんなイベント主催者も新規顧客の獲得には苦戦している。Jリーグでは一試合当たりの新規顧客数の割合が0・3%にすぎないという。
 一方、ソノリゴのユーザーは定額で複数のイベントに参加できるため、特定ジャンル以...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメの新着

記事一覧